僕、ピアノ教室に通っているんですョ、そこの先生がね・・・。

2018年01月9日

先生、この子ね、ピアノを弾くことが、好きなんですよ。

で、ピアノ教室の先生に言われたんです、

『 今の○○君は、肩が硬いです。

    肩が硬いと、これ以上ピアノを上手に弾くことはできないですよ。って。

   ピアノを弾くことがもっと上手くなりたかったら、肩を柔らかくしないといけないよ』って 言われ  たんですが、

 

先生、肩を柔らかくするって、どういうことなんですか ?

私、ピアノのノ先生が言う ”肩を柔らかくする” って言うことの意味が 解らなくって、

それで、じゃー、ママが通っている整骨院の先生に相談してみようって ことで、きょう、連れてきたんです。

よろしくお願いします。

 

ハイ、こちらこそよろしくお願いします。

そうですか、○○君はピアノを弾くことが好きなんですか、

まず、じゃー、骨の模型を使って 簡単に説明しますので、お母さんも 一緒に聞いて下さい。

この人形が、骨の模型です。○○君の体の中にも少し小さめだけど同じ物が入っているんですよ。そう、お母さんにも、おじちゃんにも、だいたい同じ物が入っているの。

なぜ大体 かって言うと、それはね、人 それぞれ個人差 があるから。

背の高い人、そうでない人みたいに。

 

 

で、ココが”肩” っていう関節です。

これが、肩甲骨っていう骨で、これが腕の骨です。

ココが、肩の関節。

ピアノの先生が言いたかったのは、たぶんこの肩の関節、

あるいは、この肩甲骨の動きを引き出すように ッテことじゃないかなって 思います。

 

具体的には、どんな動かし方をすれば良いんですか ?、

うーーん、そうですね、

例えば、○○君は、右の手(腕)を上から こうして、左の手(腕)は こんどは下からこうやって、背中で握手をすることができますか ?、

うん、できるよ、ホラッ !

ヮァー、ほんとだね、上手だね、   じゃー、サー、反対側もできるかい ?

できるよ、ホラッ !

ほんと、上手だね、

お母さんはどうですか ?、

アッ、お母さんも 上手ですね、ちゃんとできていますね、

 

”肩の関節”というのは、体の中で 

脱臼する頻度が一番高い とか、一番脱臼しやすい と言われています。

これは、言い換えると、骨の噛み合わせが 浅い ということなんですね。

その分、肩の丸みをつくっている 筋肉などの部品で 支えられている比率が 大きいと言うことなんです。

ココで大事なのは、”関節に無理をさせてはいけない”、ということです。

あまり 無理に動かそうとすると それは、関節を構成してくれている部品を 傷めることになってしまいます。

徐々に ゆるむように、のびる、ひろがるように 刺戟してあげることが大事です。

 

背中で握手ができる ○○君は優秀なのですが、まだまだ のびる 余力を持っていますよとそのピアノの先生は、言いたかったんじゃないでしょうか ?、

先ほども言いましたように、無茶をしてはいけません。がもう少し徐々に伸ばしてあげたい。

例えば、この握手の握り方を、もう少し深くお互いに しっかりとつかませるとか ?、

その為には、手の組み方もあるんですが、この時のヒジの関節を ギュッ、ギュッっと胸を広げるような感じで、やってみるとかです。

ハイッ、そうですね、

くれぐれも無理は、させませんように。

○○君も 無茶はしないように気をつけながら 行って下さい。

 

 

交通事故治療・頭痛・ガンコな肩こり・腰痛専門治療

岩崎整体・整骨院 

宇部市・山口市・山陽小野田市

〒759-0206 

山口県 宇部市 大字 東須恵 黒石 1951-3

TEL:0836-41-0750