ぎっくり腰

  • 朝、顔を洗おうとしたら突然腰が痛くなった
  • イスから立ち上がろうとした時、腰に激痛!
  • 骨には異常なし、なぜぎっくり腰になる ?
  • 軽い荷物運んでビキッと腰に痛みがでた !
  • 腰の痛みで真っ直ぐ立てない、歩けない !

なぜ ぎっくり腰が発症するのでしょうか ?

ぎっくり腰は急性の腰痛症と言われています

朝、起きて顔を洗おうと前かがみになった瞬間にぎっくり腰になったり、フロアーに落ちた物を拾う時にぎっくり腰にになったりと、何気ない日常生活で急な腰の痛みが起こることがほとんどです。ぎっくり腰になると動けなくなったり、うずくまる程の強い痛みがでてきます。

ぎっくり腰は同じ姿勢や体勢が長く続き、体を支えている腰の筋肉に疲れが溜まり、血行が悪くなり、筋肉が固くなっているのに無理に動かすことで支えきれなくなって、腰の筋肉・筋膜に急に痛みが出る状態です。急に痛みが出たと言っても、もともとは腰の疲れがたまって放置している状態が続き酷使した結果です。ぎっくり腰を繰り返す人は、腰に疲れを溜めた状態で、腰に負担のかかる姿勢を繰り返したり、体がそのような姿勢を記憶して癖になってしまったためです。

ぎっくり腰を放置するとどうなるのでしょうか? 宇部市小野田市 岩崎整体整骨院

 ぎっくり腰になり、病院(整形外科など)に行ってレントゲンで異常なしと言われ湿布や痛み止め、コルセットをして安静にしていなさい と言われる方が多いのが現状です。一時的にぎっくり腰が良くなっても根本的に改善されたのではないので、姿勢や使い方によってはぎっくり腰を繰り返してしまいます。ぎっくり腰の再発防止には体の使い方が重要です。先ずは、その日の疲れを溜めないようにすることです。疲れが溜まって固くなっている筋肉・筋膜をリセットすることが大事です。柔軟性を維持し筋肉をやせさせないようにしながら、体の偏った使い方を認識し、疲れてもその疲れを分解する浄化作用を高めて、疲れを跳ね返す体力作りも大切です。そのためには、日常生活の姿勢や使い方と同時に体の要である腰・骨盤のゆがみ、傾きを正しい位置に整え、お体の柔軟性を引き出しやすくする調整が必要です。

 

ぎっくり腰は早めに施術を行うことが早期改善になります。さらには腰の最深部の筋肉(多裂筋や大腰筋などのインナーマッスル)を緩め動かしやすい状態にもどし、筋肉にスタミナをもたせることで疲れを溜めない体づくりが、ぎっくり腰の再発防止につながります。

宇部市小野田市 岩崎整体整骨院のぎっくり腰施術とは・・・

宇部市小野田市の岩崎整体整骨院でぎっくり腰の施術を受けた方は、「歩いて帰れる、明日仕事に行けます」。施術後は体の軽さ、伸びなど実感され「もっと早く来ればよかった」とお喜びの声を多数いただいております。

なぜ、岩崎整体整骨院の施術を受けると、その場で施術の効果を実感でき、痛みが回復するのでしょうか?

よく体を家に例えることがあります。骨盤は家の土台であったり、背骨が家の柱で在ったり、脚(足)はビルの杭(くい)であったりです。矯正で体の骨格全体を整え、姿勢や体のバランス(体型だけでなくホルモンバランスなども)が正しい位置、正しいレベルになるように調整していきます。筋肉や内臓、リンパなどへもアプローチします。トリガーポイントやツボを効果的に刺戟して元に戻りにくい体を作ることが大事です。

国家資格者のオール手技で身体の状態を確認し、その日の身体の状態に合わせて施術を行います。安心してぎっくり腰の解消へとなります。

 

もし、ぎっくり腰になってしまった時の注意点 (岩崎整体整骨院で施術を受けるまでの間)

1 痛みが強い場合は入浴は避ける。どうしても汗を流したいときはごく短時間の入浴や又は

  夏場であればシャワーで済ませる(決して、日頃からシャワーだけで済ませることをを推 奨するわけではありません)。

2 一番楽な姿勢で安静又は横向きで身体をエビのように腰を丸めて安静にする。

3 足が冷えていたら靴下をはくかバスタオルなどを足に掛けて、足を冷やさないように気をつける。

4 冷感のある湿布を貼らない。

(打撲や捻挫で熱を持っている時以外で体を冷やすことによって体のためになることはない)

※ 熱中症の場合は、また対処が違います。

5 夏は水分補給を忘れずに

 

当院は予約制ですが、ぎっくり腰などの急な痛みは当日の電話予約も受け付けております。

土曜・日曜日は施術日です。

どうぞ、お気軽にご利用ください。