脊柱管狭窄

  • 腰が痛くて長時間椅子に座るのが辛い
  • 立っているだけで腰に痛みを感じる
  • 立ち上がる時に腰に痛みが走る
  • 歩くだけで腰に違和感を感じる
  • 朝、顔を洗う時に腰が痛む

なぜ、脊柱管狭窄が発生するのでしょうか? 宇部市小野田市 岩崎整体整骨院

日本の有訴者率1位は腰痛だそうです。まさに国民病ともいわれる腰痛ですが、確固たる解消法が確立されていないのが現状です。  

腰の痛みがあり整形外科でレントゲンを撮ると、脊柱管がが狭くなっている脊柱管狭窄があります。又は背骨が真っ直ぐすぎるとか言われる事があるようですが、実はそれが腰痛の本当の原因かは、わかっていないと言われています。

なぜならば、脊椎管狭窄や、脊椎・背骨が曲がっていたり真っすぐすぎる人でも痛みがなかったりするので、それらが原因とは言い切る事はできないと思います。

脊柱管狭窄の痛みで最も多いのが筋肉と筋膜が過度に収縮して固くなっている筋・筋膜性の腰痛です。普段の不良姿勢により筋・筋膜の一部に負荷が掛かり、筋肉が緊張状態となっている為に筋・筋膜を動かそうとした際にスムーズに伸長、短縮ができなく痛みの基となっていることが多く見られます。。また、同じ姿勢を長時間していると疲労による腰痛から脊柱管狭窄の状態を引き起こしてしまいます。

つまり、慢性的な腰痛は普段の不良姿勢による日常的な腰のストレスによって引き起こされます。

姿勢が悪いと関節も筋肉・筋膜もスムーズに動かす事が出来なくなり、動きが悪いと血流が悪くなり、これも痛みを引き起こす基と脊柱管狭窄の痛みの原因となります。

脊柱管狭窄を放置するとどうなるのでしょうか? 宇部市小野田市 岩崎整体整骨院

腰痛と聞くと一般的には痛み止め・、牽引、電気、マッサージなどが主流となっているように見受けられます。

腰は身体の要(カナメ)と言われるように腰を痛めると仕事ができない、スポーツや運動ができない趣味の旅行に行けない等の日常生活に支障をきたすようになります。

脊柱管狭窄は、軽度の腰痛を放っていた結果と言えるのです。放っていて良くなることはありません。体の柔軟性を高めながら、筋力を高めるべく運動、疲れをとる、睡眠などなど、生活習慣がかかわっている方も良く見受けます。やたら筋力トレーニングに励む人、ストレッチをしていて関節や筋膜に痛みを感じても無理やり伸ばそうとする人など過度に刺戟(シゲキ)するのは逆のこともあることを知っておいてください。

 

脊柱管狭窄は早めに対処ができれば、長引かなくて済みますし回復まで時間がかからなくてしまいます。

脊柱管狭窄を抜け出すためにはどのような施術が必要でしょうか? 宇部市小野田市 岩崎整体整骨院

宇部市小野田市 岩崎整体整骨院は慢性的な腰痛、脊柱管狭窄症の動きの悪くなった筋肉や関節の動きを良くして、血流を回復させる事も重要ですが、原因となっている姿勢の悪さを治す事が根本的な施術だと考えております。

<宇部市小野田市 岩崎整体整骨院の施術>  

一般的には痛み止め・湿布、牽引、電気、マッサージなが多く見受けられますが、

宇部市小野田市の岩崎整体整・整骨院でも上記の施術で一時的に痛みを和らげる事も必要だと考えておりますが、目標はその先、脊柱管狭窄の原因を根本的に解消することを最重要視しております。日常的な不良姿勢で筋肉や関節に負荷が掛かり続ける事によって発生した脊柱管狭窄は姿勢を正す事が根本的な施術だと考えております、宇部市小野田市の岩崎整体整骨院では姿勢・骨盤矯正を行います。

ボキボキするような矯正ではなく安心・安全に行えて危険性が無く、姿勢を良くするにも痛みから回復へと向かっていきます。

また、岩崎整体整骨院はご自身の姿勢のクセを自覚してもらいストレッチや筋トレなどのエクササイズも指導させていただいて、つらい脊柱管狭窄の解消へと導いていきます。

筋肉は何歳になっても鍛えることによって反応していきます。