足底筋膜の痛み

  • 長時間の立ち仕事やランニングで足裏が痛い
  • 歩くと足の指の付け根からかかとが痛い
  • 朝起きてはじめの一歩が痛く辛く歩けない
  • 歩くと足裏がだんだん痛みがひどくなる
  • 階段の昇り降りで足裏からかかとが痛い

なぜ足底筋膜の痛みが発生するのでしょうか?

                             

足底筋膜(足底腱膜)「以下、足底筋膜」は、かかとから足の指(足趾)の付け根辺りにかけての腱が扇状に広がっています。

この足底筋膜は足底は縦アーチと横アーチで土踏まずの形状を保っています。そもそも、足底筋膜は、日常生活程度では疲労しない構造でできています。

足底筋膜(足底腱膜)痛みの原因は、自身の体力以上の運動、ランニングやバスケット・ボール、バレー・ボール等のスポーツで、走ったりジャンプをしたり、またスーパーのレジや受付・接客など、長時間の立ち仕事や足の使い過ぎで、足底筋膜(足底腱膜)に疲労がたまります。

筋力が発揮できなくなった状態で歩きすぎたり、階段の昇り降りでさらに足の疲れがたまる。こういった悪循環を繰り返すことにより足底筋膜の動きがますます悪くなり、蹴りだすときの衝撃が原因で足底筋膜に炎症がおきます。

       

  足底筋膜に痛みが起きやすい人は?                   

1ジャンプやランニングで足を酷使している人

体には当然疲労がたまってきます。筋肉疲労・足の衝撃が強く、走れば走るほど足底筋膜の負担が大きく足底筋膜の炎症や足底筋膜の損傷が起きやすくもなります。

2立ち仕事の疲労でふくらはぎやアキレス腱が硬くなっている人

日常的に疲労がたまることで、足の全体の筋肉が硬くなり血流も悪くなります。そのために 足底筋膜にも影響が出てきます。

3高齢で足底筋膜やふくらはぎの筋肉が硬くなっている人

足底筋膜が硬くなると歩幅が小さくなったり、歩くのが遅くなることがあります。

4足のアーチ(縦・横)が崩れている人や足にたこができやすい人

足のアーチが崩れると足底筋膜での衝撃の吸収がうまくいかず、蹴りだしたり地面に着地した時に安定した歩行ができなくなります。

5靴のサイズが合ってない人  

靴のサイズが合っていないと靴の中で足の動きが制限されたり、反対に足が前につんのめり足のアーチが崩れてしまい足底筋膜の痛みが起きやすくなります。

 

足底筋膜の痛みを放置するとどのようなリスクがあるのでしょうか?

繰り返し足に衝撃がかかることで足底筋膜が固くなり足のアーチが保たれなくなり、衝撃から守るクッション機能が低下し、かかとや土踏まず、足の指(足趾)の付け根で足底筋膜に痛みが起き易くなります。

また、足の安定が保ちづらいため、一度足底筋膜炎になると繰り返し痛みが出る事があります。

重度になると歩行困難やスポーツの中断といったことになり、手術を勧められることもあります。

岩崎整体整骨院で行っている足底筋膜の痛みの施術紹介

なるべく早い段階での足底筋膜の痛みの施術をお勧めします。

足への負担や酷使で足底筋膜の痛みが起きていますので、先ずは足の負担を少なくする事が大切です。

また、加齢で筋力が落ちて足底筋膜が痛い状態になっている可能性もありますので、筋力アップも大切です。

岩崎整体整骨院では、痛みを伴わない施術でしっかりと全身の筋肉と筋膜のストレッチを行い、血流を良くし硬くなっている足底筋膜や筋肉に柔軟性を引き出しながら痛みの軽減へと導きます。

足底筋膜は当該局所である、ふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋)・アキレス腱・すね・足首など足(脚)全体の問題でもありますので、足(あし)全体のストレッチも重要です。

岩崎整体整骨院では足底筋膜の痛みとは無関係に思われるかもしれませんが、最も重要な腰の柔軟性が重要になると考えています。

体の柔軟性が欠け ➔ 腰が硬く姿勢も悪くなり ➔ 全体重が足にかかり ➔ 股関節や膝、脚に負担が掛かり ➔ 足底筋膜炎へとなります。

岩崎整体整骨院では、体全身の施術で足のストレッチ・ケアで筋力アップ+柔軟性アップで足底筋膜の痛みが改善することに期待が持てます。

 

岩崎整体整骨院では必要な方にはインソール着用のお勧めを行っています。

詳しくはこちらから

           ↓

      

                         文責  岩崎整体整骨院

                             柔道整復師  岩崎洋治

執筆者:岩崎整体・整骨院 院長 岩崎 洋治

岩崎整体・整骨院 院長 岩崎 洋治

2005年3月に岩崎整体・整骨院開設しました。これまで、あらゆるお悩みの方をみてきた実績を積んでおり、知識・経験を活かして地域社会に貢献できるように日ごろから施術はもちろん、情報発信にも力を入れております。

詳しくはこちら